Composer Yoshihisa Hirano Official website.

新年早々、20〜21世紀の音楽界を果敢に牽引してきた巨星の訃報が全世界を駆け巡りました。

どういう意味であれ、ピエール・ブーレーズを一瞬たりとも意識したことがないと言い切れる現代音楽作曲家は、少なくとも僕ら以上の世代には一人とていないでしょう。僕自身、初期の傑作である「ピアノソナタ2番」「フルートとピアノのためのソナチネ」それに「ル・マルトー・サン・メートル」などは学生時代よく聴いたし、「リチュエル」なんかも結構好きでした。彼の生誕70年記念コンサートをカーネギーホールで聴いたのをよく覚えています。貧乏学生にとっては大死一番の出費で2階後部座席のチケットを買い、彼とロンドンシンフォニーによる「弦楽のための書」、それにストラヴィンスキーの「春の祭典」を聴きました。その端正かつ熱い演奏には、心臓を揺さぶる巨大なバスドラムの打撃音と、天下のカーネギーホールに於いて外のパトカーのサイレンが聞こえるという衝撃的事実を知ったのと同じくらいシビれたものでした。

作曲家として決して影響を受けることはなかったけれど、彼の多大な功績と、その当代無比のカリスマ性なくして現在の音楽界はないという事実を、今改めてかみしめています。
                               
                                                                          平野義久


Copyright (C) 2016 www.yoshihisahirano.com All Rights Reserved.